2018年10月05日

堀内賢雄さん&平川大輔さんアフレコインタビュー




ラブラブで幸福感いっぱいのWebCM、ご覧いただけましたでしょうか? さらに深く、濃厚に愛し合うふたりのHをどうぞお楽しみに!

今日は外ノ杜零役の堀内賢雄さん&伏見柊永役の平川大輔さんのキャストインタビューをお届けいたします!
堀内さんと平川さんのお茶目なやりとりが楽しめるフリートークはアニメイト特典に収録されていますので、ぜひご予約下さいませ!!

----------------------------------------------------------


――収録を終えてのご感想をお願いいたします。

堀内:台本をいただいたときは、すごく量があるなと思ったんですが、始まってしまえば「あ、もう終わりか」という感じでスムーズにいけました。前作から少し間があいての収録でしたが、また続編ができて、とても嬉しく、楽しく収録させてもらいました。

平川:僕は全部賢雄さんに乗っからせていただいて…

堀内:そんなことないって(笑)。

平川:いえいえ(笑)。すごく気持ちのよくなるようなセリフを投げてくださるので、それに乗っからせていただいて、気が付いたら「ああ、もう終わりか」という感じでした。楽しかったのもありますけど、久しぶりにこの作品に触れられたのがありがたかったです。

堀内:この台本、すごい量だと思うよね。

平川:そうですね。結構厚くて。

堀内:でも、意外とポンポンとやりとりできて、楽しかったです。

――久しぶりに演じてみて、キャラクターの変化などは感じられましたか?

堀内:今回は理事長の、Mr.パーフェクトの隙みたいなものがちょっと出てくるので、そういったドジな部分の可愛さがありましたね。でも、あまりあざとく演じちゃうとキャラが変わっちゃうのかなと思って。ストーリーがきっちりとしていたので、演技的に変えるのではなく、前回と同様のお芝居をしながら、セリフで魅力が出てくるように演じさせていただきました。

平川:前作は薬を盛られてからの大変な状態からのスタートだったんですが、今回は恋人同士になって、いい意味でのお互い気を許したところが出て来て、最終的には意外と尻にしくタイプなんだろうなっていうのも見えたりして、演じていて楽しかったですね。ふたりは年齢差はありますけど、お互いが足りないところを補いあうような素敵なカップルだなと思いました。

――理事長のドジっ子なところがとても可愛かったです。

堀内:脚本がよく書けているから、お芝居すれば色々わかってもらえるようになってるというところがあるんじゃないかな。役者は本ありきだからね。

平川:そうですね。本あってこそですね。

――印象に残っているシーンはありますか?

堀内:やっぱり衝撃的だったのが、制服のシーンですね。「え〜、そうなんだ〜」とか、「制服どうしたのかな?」とか色々考えちゃいました。あとやはり、「あ、いまどきバケツかぶるんだ」とか、シャンデリアの件とか、理事長がそういうドジなことをしても魅力的に見えるような、ふたりが関係を築いているところを微笑ましく感じました。キャラクターがより可愛らしくなって、深く愛し合っているふたりの様子が楽しく印象に残っています。

平川:シーンとしてのインパクトはやはり制服プレイに敵うものはないと思うんですけど、台本のほうに、自分たちもプレイに乗っかっているという体で、声を若くして演じてくださいと指示があったりして、それでも途中で現実の自分に意識が戻ったりするので、「このセリフはどっちだ?」と考えながら演じたのが印象深かったですね。
あとは理事長に対して、「貴方にはシャンデリアの掃除が待っています」としっかり手綱を握っているんだなというところが個人的に印象に残りました。

堀内:あと、あの若者たち(ナナオと藍)にカウンセリングするシーンが、僕は印象に残りましたね。「人を好きになることはどういうものだろう」と話すシーンはジーンとくるものがありましたね。

――今回、ゲストキャラクターとして登場するナナオと藍とのシーン、平川さんはいかがでしたか?

平川:セリフにもありましたけど、「若いころの当時の自分を見ているような気がして」というように、藍くんに対して言うようで、実は自分にももう一度そう言葉を投げかけていたり、藍くんを通して自分を見つめなおしているんだろうなと思いました。
ナナオくんとは、今回あまり会話の接点はなかったんですが、理事長に「生徒が家にいるならもう行きません!」と怒るきっかけになったり、間接的な関わりがあって面白かったですね。本来は自分たちの関係は隠しているつもりだったのが、彼らをカウンセリングをするにあたって、必要なこととして自分たちの関係にも触れてみたり、「ひとを愛するということはこういうことなんだ」と説明してあげたりするのが、すごく説得力もあったと思います。

――お互いの印象について教えてください。

堀内:平川くんはいつも仕事に対して真摯だし、セリフがよく耳に聞こえてくる。セリフはキャッチボールだから、やっぱり伝わってくるひとだとやりやすい。いつも通り、すごくやりやすかったなと思います。もしかしたら理事長は伏見に手のひらで遊ばされているのかもしれないけど、それも楽しんでいる理事長というのが、ふたりとも関係性が大人でいいなと思いました。

平川:ありがたい言葉をいただいてしまいました。前作もそうですが、胸を借りるというか、新人で右も左もわからない頃からお世話になりっぱなしの賢雄さんなので、今回も緊張半分、安心半分みたいな、絶対楽しい収録になるだろうなという気持ちで今回うかがいました。本当にその通りになったのですが、いい緊張感を与えて下さる先輩なので、今回も素敵でした。大好きです!

――収録中の裏話がありましたら、教えてください。

堀内:裏では普通に会話をしていたけど、これからお互い喘がなきゃいけない思いがどっかにあるんだよね(笑)。どういう演技でくるのかとか、本気でやってくるので、こっちも本気で返してっていうものあるし、向こうがセリフを喋ってるのに、こっちがやたらと息をいれちゃうとかぶっちゃうし、おかしくなっちゃうなと僕の中で考えてやったりする。平川くんもこっちの演技が入ってるところにはあまり入れてこない。その辺は、お互いの関係性でできるものなので、「この辺から長いシーンがあるね」みたいな話はしたね。

平川:あと、収録の合間に鯛焼きをいただいて、「ずんだがおススメです」と言われたのに、ふたりとも、ずんだが掴めなかったっていう…(笑)。

堀内:あはは。ふたりとも、これは目のところが黒いからきっと餡子だと思って食べてみたら……。

平川:カスタード!

堀内:美味しかったけどね(笑)。でも、あれはすごく美味しくてちょっとびっくりした。

平川:美味しかったですね。

堀内:うん、でかいし。

平川:ちょうど絡みのシーンが終わったあと、疲れたころに…。

堀内:ほんと、普段あんまり甘いもの食べないんだけど、むちゃくちゃ食っちゃった(笑)。

平川:いい糖分補給になりました(笑)。

――最後に楽しみに待っている皆様にむけてメッセージをお願いいたします。

堀内:またやらせていただいたので、これで終わりではなく、もう2回、3回やらせていただけると楽しいですね。今後、完全に尻にしかれてるかもしれませんしね(笑)。どんどん話が膨らんでいけると思うので、今回楽しんでいただいて、さらに続編を希望していただけると嬉しいなと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

平川:やっぱり関係性が成長していく作品というのは、これを聴くことによって前作はどうだったんだろうとか、前作から聴いて下さっている方には違う彼らの面をお見せすることができるという、色んな楽しみ方ができると思います。大人同士ではあるのですが、初々しいところがあったり、ふたりでふざけあったりしているところがあったり、大人ならではの部分があったりと、彼らの関係性が育っていくところをぜひ楽しんでいただけたらと思います。もともと僕たちのキャラクターはスピンオフでしたけど、本シリーズの高校生の男の子たちと接点ができましたので、今後どんな風に絡んでいくのかなというのも、これから楽しみにしていただけたらと思います。

――ありがとうございました!

WEB_ep0AD_A.jpg

(左から、堀内賢雄さん、平川大輔さん)

posted by GINGER BERRY at 17:18| Episode0afterDisc